自動車部品メーカーの1次面接を受けてきた

自動車 転職活動記

自動車部品メーカーの1次面接を受けてきました。

今回の企業は中小企業なので、1次面接からもう社長が登場する実質今日の面接で合否が決まる最終面接のようでした。

 

昨日から久しぶりの面接にビビってずっとそわそわしていました。

面接でよく聞かれる想定質問集を暗記して、車で事前に位置の下見まで済ませておきました(笑)

 

ひさびさの面接、本当に緊張する。

自動車部品メーカーの面接内容

30分前には自動車部品メーカーのオフィス近くには到着し、直前まで必死に想定質問を暗記していました(笑)

 

びびりながらオフィスの扉をあけると、自動車部品メーカーの社長直々に出迎えてくれました。

小さな会社だからアットホームやな。

 

そして机に案内され、持参した履歴書等を渡していよいよ面接のスタートです!

主に以下のことを聞かれました。

 

・これまでの経歴について

・前職を退職した理由

・なぜ営業職から畑違いの職種に応募したのか

 

今回の面接はかしこまった感じではなく、ざっくばらんに雑談しながらといった感じでしたので、リラックスして話すことができました。

 

今回は営業職ではなく管理系の職種に応募していたので、案の定なぜ職種を変えるのかと聞かれましたね。

本音を言うと、もう営業数字に追われて、メンタルが崩壊する営業職なんかしたくないと言いたいところでしたが無難に答えておきました。

 

面接も終盤に差し掛かったとき、社長からまさかの言葉が

あなたがさえよければ、ぜひうちに来てください。

さすが小さい会社だけあって話が早いです。

面接中に内定をいただくことができました(笑)

 

でも他の会社も選考は進んでいるし、さすがに即答はできないのでちょっと考えさせてくださいと態度を保留させてもらいました。

 

さすがに給料とか条件をちゃんと聞かないと返答できない。入ってくそブラックだったら嫌だしね。

最後に

ともあれ内定がでたのは単純にうれしかったです。

次回は職場見学をセッティングしてもらえることになったので、職場の内情をちゃんと確かめたいです。

 

関連記事:企業の求人情報に嘘がありすぎて、何を信じていいのかわからない

関連記事:地域若者サポートステーションで再就職に向けての相談をしてみた