アートと歴史が交わる、「剥皮寮歴史街区」

台北

台北の有名な観光地「龍山寺」の近くに、アートと歴史が交わる文化発信地「剥皮寮(ボーピーリャオ)歴史街区」という場所があります。

 

そこは歴史的な建物が並んでおり、様々な展示会も頻繁に開かれているので、多くの人で賑わっています。

龍山寺を訪れた人は、ぜひ訪れてみてください。

 

剥皮寮歴史街区の行き方

MRT龍山寺駅の3番出口が最寄りです。

徒歩3分くらいで着きます。

龍山寺も目と鼻の先にあります。

 

剥皮寮歴史街区を歩いてみた

入り口にはこのような看板があります。

トイレもしっかり完備されているのはうれしいですね。

様々が展示会が開かれています。

文化発信の場所にもなっていますね。

この展示会はよかったー。

LGBTに関しての展示会。

台湾はLGBT運動が盛んです。

趣がある建物です。

歴史を感じます。

若い人も多くて、写真をたくさん撮っていました。

雰囲気もめちゃくちゃよくてインスタ映えしそうなので、女性にもおすすめです。

ノスタルジックを感じる看板。

たそがれの故郷。

 

最後に

龍山寺駅周辺は歴史がある地区ですが、若い人にはあまり人気がない場所だと思っていましたが、今回訪れてみると予想以上に若い人も多くて、みんな熱心に写真の撮影大会をしていました。

 

インスタをはじめとするSNSの影響で、訪れている人も増加しているのでしょうか?

 

台北はメインな観光地以外にも、たくさんのおすすめな観光スポットがあるので本当に飽きないですね。

参考記事:台北にある服飾の問屋街「五分埔商圏」を散歩した