カランメソッド初心者がやっている復習方法を紹介します

カランメソッド カランメソッド体験記

カランメソッドってどうやって復習したらいいの?

そのような悩みを持っているカランメソッド初心者の方も多いと思います。

私自身もオンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)でカランメソッドのレッスンを始めてみたもののどうやって復習していったらいいか悩み、ネット上でカランメソッド学習者の先輩方がやってきた方法を調べていました。

そこで今回はカランメソッド ステージ1を終えたばかりのカランメソッド初心者の自分が、今どのように復習していっているのかを紹介していきます。

参考記事:ネイティブキャンプでカランメソッドを学び、ステージ1が終了したので英語の上達度を報告します。

カランメソッドのレッスン終わり

まずカランメソッドのレッスンが終わってすぐに、その日学習した新しい箇所をテキストを開いて確認しながら音声を聴いていきます。

カランメソッドのレッスンでは予習することが推奨されていないので、レッスン中に習う単語や文法がたまにまったくわからないことがあるんですよね(苦笑)

ですので、必ずテキストを開き、目で見て確認しながらシャドーイングしていきます。

カランメソッドレッスンの次の日

レッスンが終わった次の日に、ネイティブキャンプ自習コンテンツの「Callanリーティング」で前日に学習した箇所を復習していきます。

このサービスはおそらくネイティブキャンプ独自のサービスだと思うのですが、自分の発音を録音でして、正しい発音ができているかAI判定してくれる優れものです。

音声を聴くだけではなく、必ず「Callanリーディング」を使って自分で英語が発した英語を確認するようにしています。

こちらのサービスの詳細はぜひネイティブキャンプの公式サイトで見てみてください。

公式サイト:ネイティブキャンプ

移動中や空き時間

通勤時間や空き時間はなるべくすでにカランメソッドで学習した箇所の音声を流すようにしています。

たまに耳で聞こえた内容を口ずさんでシャドーイングもして、耳だけでどれだけ聞き取れて、質問に答えることができるのかを確認します。

まとめ

カランメソッド初心者の自分が行っている復習方法は以上です。

自分自身もまだカランメソッドを始めたばかりですので、これから復習方法も随時変えていくかもしれません。

効果的な復習方法を模索していきたいです。