私が年間100万円貯めたときの、固定費削減の考え方

お金のこと

私はもともと浪費家で、貯金をまったくせずに好きにお金を使っていたのですが、社会人3年目くらいからふと「このまま貯金がほとんど状態ってやばいんじゃないだろうか・・・」と思いはじめ、とりあえず1年間で100万円貯めることを目標に貯金を開始することにしました。

 

貯金を開始しても、当時から一人暮らしをしていて、家賃やらなにやらお金がかかりなかなかお金は貯まりませんでした。

そしていろいろと節約術について調べていくうちに、固定費を削減してお金をしっかり貯めようという考え方に行き着くことができました。

 

その考え方は今まで固定費や変動費といった概念も考えたことがなかった自分にとって目からウロコで、それから固定費をしっかり削減することで無事に年間100万円貯めることができました。

 

すべては真似できない方もいるとは思いますが、当時自分が行ってきた固定費削減の方法をシェアしていきます。

 

まず固定費ってなに?

まず固定費という考え方ですが、家計において固定費とは以下のようなものを差します。

 

・家賃(住宅ローンも含む)

・保険料(生命保険、損害保険など)

・通信費(スマホ代、インターネット代など)

・新聞代

・習い事など

 

このように毎月大体決まった金額のお金が発生するものを固定費と言います。

逆に食費などは毎月決まった金額のお金ではないので変動費になります。

 

節約を考える方にとっては、毎月決まった金額が発生する固定費をいかに減らしていくかが肝で、固定費を大きく減らすことで毎月貯金できる金額を増えていきます。

 

それでは具体的にどの固定費を減らしていけばよいのでしょうか。

 

賃貸はなるべく家賃が安いところに住もう

節約を考える上で、もっとも効果のある固定費削減は家賃が安いところに住むことです。

こちらの節約効果は絶大です。

 

家賃は収入の30%に抑えようという話をよく聞きますが、しっかり貯金をしていきたいなら30%は少し高いように思えます。

収入の20%以下、できれば低ければ低いほどいいです。

 

これは私のケースになりますが、当時某政令指定都市に住んでいて家賃平均相場ぴったりの5万円のアパートに住んでいましたが、節約を意識しはじめてからは2万円のアパートに引っ越しました。

 

もちろん5万円のアパートに比べると、オートロックは付いていないですし、部屋も狭かったです。

でも住むのにはまったく困らないし、部屋が狭いぶんいらないものは収納できないので、どんどん物を捨てるようになって、不必要に物を買わなくなったので結果的に節約体質も身につきました(笑)

 

そんな2万円の安いアパートないだろうと思われるかもしれませんが、都心は厳しいかもしれませんが他の都市ならば必ず見つかるはずです。

これから日本の人口を少なくなっていくので、都心などを除いて全体的に家賃を下降傾向になります。

 

セキュリティを気にする女性は難しいかもしれませんが、家賃が安いところに住むことによって貯金年間100万円に大きく近づくはずです。

 

3大キャリアを辞めて、格安SIMを選ぼう

格安SIMという言葉は、最近耳にしたことがある人も増えているのではないでしょうか。

まだ格安SIMにしていない方は、固定費の通信費の削減のため、今すぐ3大キャリアを辞めて格安SIMで契約してください。

ちなみに3大キャリアとはドコモ、au、ソフトバンクのことです。

 

格安SIMを選ぶことで、毎月6,000円の節約!?

皆さんは月のスマホ代にいくら払っていますか?

私は以前ドコモで契約していたのですが、その当時は毎月8,000円くらい払っていました。

auもソフトバンクも大体そのくらいの金額ではないでしょうか。

 

それが今は格安SIMのひとつである楽天モバイルで契約して、毎月1,450円でスマホ代は収まるようになりました。

そんなに安くて大丈夫なのと思われるかもしれませんが、電話も普通に使えますし、ネットももちろん3大キャリアと同じように使えます。

たまに音質などを心配される方もいますが、まったく問題ないです。

関連記事:楽天スーパーSALEが安すぎたので、マイネオから楽天モバイルに切り替えることにした

 

私と同じようにするだけで毎月8,000円払っていたスマホ代が、2,000円以内に収まるようになり毎月6,000円の節約効果を生みます。

年間で考えるとなんと72,000円になります。

無視できない金額ですよね?

 

無駄な生命保険には加入しないようにしよう

もちろん人によってケースが異なるので100%正しいわけではありませんが、独身の方で多額の死亡保障がついた高い保険料の生命保険に加入するのはやめましょう。

独身の方でしたら、加入しても医療保険だけで充分だと思います。

 

以前にも言及しましたが、死亡保障が必要なのは「その人が亡くなった場合に経済的に困る人いる」場合です。

家族がいるがいる方は必要だと思いますが、基本的に独身であれば生命保険は必要ないと思います。

 

まとめ

年間100万円貯めるためにしたい、具体的な固定費の削減方法は

・なるべく家賃が安いところに住む

・3大キャリアを辞めて、格安SIMを選ぶ

・無駄な生命保険に加入しない

 

この3つの固定費削減の考え方を実行することで、今まで赤字続きだった家計体質も大きく良くなっていくと思います。

始めやすいところから、実行してみてくださいね。