30代で5回転職してわかった、転職面接で押さえておきたいポイントとは

転職面接 転職
悩める人
悩める人

はじめて転職面接を受けるけど、心配で仕方がない。面接で押さえておきたいポイントを教えてほしい。

こんにちは、30代で5回も転職を経験したジョブホッパーです。

まったくもって胸を張れることではありませんが、私は30代でありながら5回も転職を経験しています。

たぶん30代で5回の転職という数字は、同世代と比べてもかなり多いほうではないかと思います。

 

そのため、これまでにも数多くの転職面接を受けており、自分で言うのはなんですが結構面接には自信があります。(笑)

今回は私が転職面接を受けるときに心がけている3つのポイントを紹介していきます。

 

身だしなみに気をつける

転職面接を受ける上で、まず絶対的に重要なのは身だしなみに気をつけることです。

身だしなみといってもかなりざっくりした表現なのでもう少し具体的に言うと、清潔感を大事にしましょう。

 

・寝癖がないように、髪をととのえる

・ネクタイを曲げずにまっすぐに締める

・スーツにぶらしをかけて汚れをとっておく

・ビジネスシューズにぶらしをかけて汚れをとっておく

 

簡単にあげるだけでも4点のポイントも出てきました。

身だしなみというのは、予想以上に面接官から見られています。

以前私が働いていた職場にきた求職者も、私の上司から「話した感じはふつうだったが、靴も汚れているし、スーツにフケがたくさんついていて清潔感がないから落とそうと思う」という評価を与えられていました。

 

特に営業職など対外折衝を行う職種の場合は、見た目の印象がかなり大事になります。

それはその会社の代表として外に出向いていくわけですから、営業マン=会社のイメージになりかねませんので、見た目の清潔感というキーワードは内勤の職種よりも重要視される傾向があると思います。

 

今まで身だしなみにそこまで気を使っていなかった方はぜひ転職面接を受ける前に、身だしなみを整え、清潔感をアピールしてみてください。

きっと転職面接での印象を変わってくるはずです。

 

聞かれた質問には結論から述べる

転職面接で聞かれた質問には、まず結論を述べて簡潔に答えましょう。

聞かれた質問に、長々とだらだら話すだけで相手に仕事ができないというイメージをもたれることもあります。

 

たとえば「あなたの長所はどこですか?」という質問に対しては、「私の長所は行動力があるところです。なぜなら〜」といったような感じで、まず結論を述べて、その理由を話していくという流れを押さえておきましょう。

 

そのポイントを押さえておくだけで、聞かれたことに正確に答えることができ、会話のキャッチボールができるという印象を与えることができるでしょう。

 

面接の結果に一喜一憂しない

実際に転職活動をはじめ、転職面接を受けていくと企業から不採用と通知が届くことも必ずあります。

不採用の通知がきたからといって、その結果で一喜一憂するのはやめましょう。

 

今まで転職面接で押さえておきたいポイントを話していきましたが、面接というのは面接官との相性というウェートがかなりを占めると感じています。

もちろん最低限身だしなみに気を使ったり、聞かれた質問には結論から簡潔に述べるなどのテクニックも重要ですが、それでも面接といっても結局は人対人とのコミュニケーションだと思うので、必ず相手との相性もあります。

 

どんなにハイスペックの人でも、転職面接に100%受かるということはありえません。

たとえ不採用という結果が出ても、立ち止まらずにただ縁がなかったとわりきりましょう!

 

最後に

・身だしなみに気をつける

・聞かれた質問には結論から述べる

・面接の結果に一喜一憂しない

 

私が転職面接で重要だと思うのは上記の3点です。

はじめて転職面接を受ける人も、なかなか転職面接で結果が出ない人も今回お話したポイントを参考にしてみてください。

 

いい結果が出るように陰ながら祈ってます!