絶望・・・2021年9月12日実施のTOEICを受験してきた

TOEIC 英語

先日、2021年9月12日実施のTOEICを受験してきました。

前回TOEICを受けたのが2018年12月実施の試験だったので、実に約3年ぶりのTOEICです。

前回受けたときは450点だったのですが、それからしばらく英語学習から遠ざかり3ヶ月前の2021年6月から心機一転また英語学習を再開しました。

参考記事:NativeCamp(ネイティブキャンプ)でカランメソッドの英語レッスンをはじめた

 

それで、現在の英語レベルに立ち位置を知るためにもTOEICを受けてみることにしました。

久しぶりにTOEICを受けてみた感想は?

一言で言うともう撃沈でした。

まずリスニングですが、これがさっぱりわかりません。

リスニングのPart1はいちばん点数が取りやすいと言われていますが、これもまったく聞き取れず初っ端から出鼻をくじかれた形で、試験がはじまってすぐにこれはもう終わったなと思いました(笑)

そんな感じですので、Part2からも聞き取れるはずもなくリスニングパートは終了しました。

 

リーディングに関してはPart5はぼちぼち正答がわかる問題があったものの、Part7に入ってからはもうクタクタで長文の英語を読む集中力が残されておらず、最後のほうはもう適当にマークする形になってしまいました。

たぶん前回よりも点数が下がってる気がする

情けない話ですが、たぶん3年前に受けた前回よりも点数が下がっている気がします。

3ヶ月前からオンライン英会話でカランメソッドの授業を受けているので、少しは英語が聞き取れるようになっているだろうと楽観視していた自分が恥ずかしいです。

やはり普段学習しているカランメソッドとTOEICの英語学習は別物で、分けてちゃんと対策したほうがいいと感じました。

次回TOEICを受けるときは、ちゃんとTOEIC対策の学習もして臨もうと思います。